ホーム
目的別おすすめガイド遊ぶ食べる見る学ぶ
Model Courses



トロント
map
 
 リピーターも楽しめるシティ滞在のコース。グルメ、ショッピング、ナイトライフなど、都会ならではのアクティビティーを満喫し、郊外への日帰り旅行も自由に組み合わせて、トロント周辺を満喫する。


 
1日目おすすめポイント
夕刻: トロント国際空港に到着
エアポートリムジンバスで
トロント市内のホテルに移動
(所要/約40分)
[トロント泊]
2日目おすすめポイント
終日:自由行動
   (オプショナルツアー:トロント市内観光など)
[トロント泊]
3日目おすすめポイント
終日:自由行動
[トロント泊]
4日目おすすめポイント
午前: ホテルをチェックアウト
エアポートリムジンバスで
トロント国際空港へ
(所要/約40分)
[機中泊]
5日目おすすめポイント
午後:日本へ到着


コースのポイント

【地下鉄を利用してダウンタウンを闊歩】
●TTC(Toronto Transit Commission)
URL:http://www.ttc.ca
 トロントの観光スポットを散策するには、地下鉄を利用するのが便利。路線は2本あり、旅行者にも利用しやすいので、目的に合わせてダウンタウンを移動できる。
 ショッピングならヤングストリート、クイーンズウエスト、ブロア、ヨークビルなどが代表的なエリア。また、コルソイタリア、グリークタウン、中華街など民族色あふれるエスニックタウンに足を延ばして、雑貨を買ったり各国料理を味わったりするのもトロントならではの過ごし方だ。
トロント
トロント

【週末はハーバーフロントへ】
URL:http://www.harbourfront.on.ca
 滞在が週末にかかるなら、ハーバーフロントを訪れてみては。初夏から秋にかけて朝10時頃から、散歩やブランチを楽しむ人々など、思い思いのスタイルで水辺の爽やかさを満喫する地元の人たちで賑わう。アンティークマーケットも開かれ、広場では大道芸や様々なイベントも行われる。
 また、ハーバーフロントから15分ほどフェリーに乗って,トロントアイランドに渡るのもお勧め。オンタリオ湖に浮かぶ公園島で、ピクニックやサイクリングが楽しめる。島の岸辺からはトロントの摩天楼を見渡すことができ、写真撮影のポイントとしても人気がある。

【夕方はローカルのリゾートエリア、ビーチズへ】
 ダウンタウンの東側にあるビーチズと言われる地区は、その名の通りオンタリオ湖の湖畔に広がるリゾート風の住宅街。通りには洒落たブティックやカフェテリアが並び、湖畔にはダウンタウンの摩天楼を眺めながら歩ける遊歩道が延びる。特に湖畔のサンセットが美しいので、夕方から食事も兼ねて出かけてみては。ダウンタウンからは、クイーンストリートのストリートカー利用で約10分。

【現地のタウン情報誌も要チェック】

●Where Toronto、 Eye Magazineなど
 特に夜の過ごし方を決めずにトロントを訪れる旅行者には、到着後にまず街中のあちこちで配布されているタウン情報誌をチェックするようアドバイスしたい。月ごとや週ごとのイベント情報、プロスポーツの試合情報などが細かく載っており、コンサートやショー、ナイトクラブの情報もチェックすることができる。

【メジャーリーグ、NHLを観戦する】
URL:http://www.bluejays.ca
URL:http://www.nba.com/raptors
URL:http://www.torontomapleleafs.com
 スポーツファンならメジャーリーグやNHL(ナショナルホッケーリーグ)、NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)の試合観戦がお勧め。ゲームそのものの迫力もさることながら、トロントの地元チームを熱烈に応援する人々の熱気を目の当たりにするだけでも興味深い体験となるだろう。チケットはできれば日本出発前に予約しておきたい。
スカイドームでのメジャーリーグ観戦
スカイドームでのメジャーリーグ観戦

St. Jacobs
【セントジェイコブス】
URL:http://www.stjacobs.com
メノナイトの里への日帰り小旅行
 トロントの西、車で1時間半、キッチナーとウオータールーの北に位置するセントジェイコブスは、トロントからの日帰り旅行でぜひ訪れたい町だ。
 ここには、現代文明を拒否し、今も19世紀頃の環境の中で自給自足の生活をする人々、メノナイトに会うことができる。町の中では、黒い衣装を着たメノナイトの人々が馬車で移動しており、またファーマーズマーケット(通年 木・土曜)では彼らが持ち寄った手作りの野菜やメープルシロップ、キルトなどを購入することもできる。ちなみにメノナイトの人々は写真を撮られることを嫌うので、撮影したい場合は一言断ることを忘れないように。
 セントジェイコブスは、クラフトショップやアンティークショップが集まっている町でもあり、素朴な土産物のショッピングも楽しめる。
セントジェイコブス
セントジェイコブス


Next Home Back
サイトマップ

Copyright © Ontario Tourism,Tokyo
※無休と表示のある施設でも、12/25と1/1などに休日となる場合があります。
※カナダの国際電話国番号は1