ホーム
目的別おすすめガイド遊ぶ食べる見る学ぶ
ONTARIO INFORMATION

オンタリオ州へのアクセス


空路


  日本からカナダへのフライトは、エア・カナダやデルタ航空をはじめ、アメリカ系、日本系のエアラインも運航している。オンタリオ州の空の玄関口はトロント・ピアソン国際空港で、日本からトロントまでのアクセスは以下の方法がある。
<直行便>
現在、成田国際空港から、全日空(NH)とエア・カナダ(AC)との共同運航便が運航されている。所要時間は約12時間。
<カナダ国内での乗り継ぎ>
トロント直行便で到着後、そのままカナダ国内の他都市に乗り継ぐ場合は、トロントで入国審査が行われる。預けた荷物はいったんトロントで受け取り税関を通過した後、乗り継ぎ専用のカウンターに再度預ける。またバンクーバー経由でトロントに入る場合、入国審査はバンクーバーで行なわれる。荷物もバンクーバーで受け取り税関を通過した後、再度預けることになるので注意を。
<アメリカ経由での入国>アメリカ合衆国を経由してカナダに入国する。ニューヨークやデトロイト、シカゴ、ワシントンDCなどからトロント及びオタワ国際空港へ乗り入れる便がある。また、ロンドンとサンダーベイにも国際空港がある。
<手荷物>
カナダへのフライトでエコノミークラスを利用した場合、チェックインできる荷物は2個。それぞれ荷物の大きさは縦・横・高さの合計が158cmを超えないサイズで、それぞれの重量は23kgまで。ビジネスクラス利用の場合は、荷物の大きさはエコノミークラスと同様だが重量はそれぞれ32kg以内のものを3個まで可能。サイズ・重量・個数を超える場合、超過手荷物料金をが必要となる。


コーチ・バス


 カナダ国内はハイウェイが整備されていて、グレイハウンドをはじめとする長距離バスが主要ルートを行き来している。オンタリオ州内にはバンクーバーからトロントへ1日4便、3日間かけてカナダ大陸を横断し運航されている。また、トロント〜オタワ間は1日8便、約5時間かけてグレイハウンドが行き来している。ニューヨークからナイアガラフォールズ行きの他、トロントへの直行バスもある。
グレイハウンド以外に、ナイアガラ・エアバスがナイアガラフォールズとトロント国際空港、バッファロー国際空港、ハミルトン国際空港を結ぶ送迎サービスを提供している。
ナイアガラ・エアバス 日本語ページ
http://www.niagaraairbusjapan.com/index.php


鉄道


 VIA鉄道はカナダの主要都市を結ぶ鉄道で、設備の整った急行列車を運行してる。オンタリオ州内の主要路線としては、トロント/キングストン/オタワ、トロント/キングストン/モントリオール、ウィンザー/ロンドン/トロントなどがある。また、アメリカから延びるアムトラックには、ニューヨークからナイアガラフォールズ経由でトロント、シカゴからサーニア経由でトロント行きがある。

食堂車なども充実のVIA鉄道

国境の街、ウィンザー
 アメリカのデトロイトから車でオンタリオに入る場合のゲートウェイ都市となるのがウィンザー。
 カジノの街として有名だが、ほかにもチューダー様式の建物や、現在では記念館となっているアフリカ系アメリカ人奴隷の避難所、アメリカ禁酒法時代に建てられた醸造所など、歴史的な観光スポットも点在する。
 郊外に足を延ばせば、バードウオッチングのサンクチュアリーや、珍しいモナーク蝶が見られるポイントピーリー国立公園が広がる。

対岸にはデトロイトの摩天楼も見える


Next Home Back
サイトマップ

Copyright © Ontario Tourism,Tokyo
※無休と表示のある施設でも、12/25と1/1などに休日となる場合があります。
※カナダの国際電話国番号は1