ホーム
目的別おすすめガイド遊ぶ食べる見る学ぶ
ONTARIO INFORMATION

主要イベントカレンダー


オンタリオの主なイベント
(2014〜2015年)

カナディアン・ナショナル・フィギュアスケーティング・チャンピオンシップ(2014年1月9〜15日)
男子、女子、ペア、アイスダンス、フィギュアスケート全国大会。1914年にオタワから始まったイベントの100周年記念大会です。

ナイアガラ・アイスワイン・フェスティバル(2014年1月10〜26日)
オンタリオが世界に誇るアイスワインにスポットを当てたお祭り。祝賀会、野外アイスワイン・カフェ、フルサービスのアイスバー、華やかな氷の彫刻、ワイナリーツアー、ワイン試飲会、馬車でのワイン街道めぐりなど、さまざまなイベントでナイアガラのワインの里は賑わいを見せます。

ウインタールード(2014年2月31日〜2月17日)
ウインタールードは首都オタワで開催。冬の公園、コンサートのほか、さまざまな特別企画があり「世界で最も長いスケートリンク」として知られるリドー運河でのアイススケートも人気のアトラクションです。

ボン・スー・ウィンターカーニバル(2014年2月7〜16日)
スーセントマリーで毎年開かれる冬祭り。雪の彫刻、ライブ・エンターテインメント、花火のほか、「ウィンター・プレイグラウンド」やシロクマの水泳などの楽しい催しがいっぱいです。

カナダ・ブルームス(2014年3月14〜23日)
トロントで開かれるカナダ最大の屋内ガーデン&フラワーショー。さまざまな庭園・園芸・花展示、講演、ガーデニング専門家の実演、コンテスト、特別講習会などが行われます。

ザ・トロント・ブルージェイズ(2014年4月〜10月)
メジャーリーグ・ベースボール(MLB)Jays(ブルージェイズのファン)はロジャーズセンターでのホーム・ゲームは見逃せません。

ショー・フェスティバル(2014年4月〜11月)
歴史の香り漂う美しい町ナイアガラ・オン・ザ・レイクで開催される劇作家ジョージ・バーナード・ショーの作品を讃え、その時代の作品に特化した世界で唯一の演劇フェスティバルです。

ストラトフォード・シェイクスピア・フェスティバル(2014年4月〜11月)
オンタリオ州ストラトフォードで開催されるこのシアターフェスティバルは、人気現代演目のほか古典シェイクスピアの作品も上演されることで世界的に知られています。クリストファー・プラマー、アレック・ギネス、ジュリー・ハリス、ウイリアム・シャトナーなどの有名俳優もこのフェスティバルの舞台に立ちました。

エルマイラ・メープルシロップ・フェスティバル(2014年4月5日)
パンケーキの朝食で始まる一日限りの世界最大のメープルシロップ・フェスティバル。たくさんのアクティビティやキルト展、馬車に乗ることもできるファミリー向けのイベントです。収益はチャリティに寄付されます。

ホット・ドックス・カナディアン国際ドキュメンタリー・フェスティバル(2014年4月24〜5月4日)
北米最大のドキュメンタリーの総合的なイベント。毎年、カナダおよび世界中から厳選された最先端をゆくドキュメンタリーを150本以上紹介します。上映会は一般にも開放されています。ホット・ドックスは、ドキュメンタリー関係者向けに専門知識開発やワークショップ、ネットワーク作りなどの機会も設けています。

カナディアン・ミュージック・ウィーク(2014年5月6〜10日)
会議、受賞セレモニー、展示会、映画祭、そしてカナダ最大の音楽祭がミックスされているのがカナディアン・ミュージック・ウィーク。五夜に渡りトロント市内60会場にて1,000以上のバンドのパフォーマンスが繰り広げられます。このイベントは世界中のアーティストと音楽関係者、才能あふれる幅広いジャンルの音楽ファンが一体となります。

カナディアン・チューリップ・フェスティバル(2014年5月9〜19日)
オタワで開催される世界最大、国際親善をシンボルとするチューリップ祭り。オランダから10万株の球根が送られてきたのを始まりとし、今では300万株、15キロにわたるチューリップルートがオタワ市内を彩ります。家族向けエンターテインメント、インターナショナル・パビリオンなどが設置され、お祭りムードを盛り上げます。

ルミナート(2014年6月6〜15日)
芸術と創造がトロントに新しい光を投じます。夏のハイライトといえる、10日間にわたるアートイベント。思いがけないアイデアやユニークな合作が見られます。

ノース・バイ・ノースイースト・ミュージック・フェスティバル(2014年6月13〜22日)
ノース・バイ・ノースイースト・ミュージック・フェスティバル(NXNE)は、新しい才能を見つけるためのカナダの期待の夏のイベントです。無名、インディーズ、メジャーレーベルからデビューしそうなアーティストなど、650を超えるバンドが市内40会場で演奏します。

TDトロント・ジャズフェスティバル(2014年6月19〜28日)
スタンダードからアシッドまで、あらゆるジャンルのジャズアーティスト2,000人以上が世界中から集まり、ダウンタウン各地の会場で演奏します。

ワールド・プライド(2014年6月20〜29日)
2014年はトロントで開催。北米初開催となるワールド・プライドは、トロント・プライドが主催、グローバルなLGBTコミュニティーの活動、教育、歴史と文化を取り入れ、感動のオープニング&クロージング・セレモニー、評判のワールドプライド・ガラとアワード、国際人権会議、にぎやかな屋台ストリート、フェスティバル、トランス&ダイクマーチ、そして、キラめくプライド・パレードで世界中のLGBTコミュニティーを歓迎します。
 www.pridetoronto.com

TDオタワ国際ジャズフェスティバル(2014年6月20日〜7月1日)
アバンギャルドからビッグバンド、スイングまで、一年に一度のフェスティバルでは愛好家にぴったりの華やかなジャズの祭典を繰り広げます。

衛兵の交替式(2014年6月下旬〜8月下旬)
首都オタワのパーラメントヒル(国会議事堂)で厳かに行われる衛兵の交替式。

カナダ・デー(2014年7月1日)
7月1日はカナダ・デー。1867年7月1日に定められた、ブリティッシュ・ノースアメリカン・アクト(現コンスティテューション・アクト)の制定記念日です。カナダ全土でイベントが開催されますが、なんといっても注目は、首都のオタワで開催されるコンサートや花火のほかたくさんのイベントです。

RBCロイヤル・バンク オタワ・ブルースフェスト(2014年7月3〜13日)
シカゴに次ぐカナダ最大のブルース・フェスティバル。これまでに、ヴァン・モリソン、ボブ・ディラン、KC&ザ・サンシャインバンド、ブルーロデオ、BBキング、ブルースブラザーズなどが出演。

スコシアバンク・カリビアン・カーニバル・トロント(2014年7月8日〜8月4日)
北米最大のカリビアン・フェスティバルがトロント市街中心地で開かれます。レイクショア大通りには、スパンコールの派手な衣装を着て、カリプソ、ソカ、スティールドラムやカリブのサウンドに合わせて踊る人々で溢れ、街はたいへんな熱気に包まれます。

モザイカ サウンド&ライトショー(2014年7月8日〜9月6日)
ドラマチックな光と、音、映像でカナダの歴史と功績を国会議事堂をスクリーンに見立て映し出します。

ホンダ・インディ・トロント(2014年7月18〜20日)
オンタリオ湖畔、トロント中心地からすぐのエキシビション・プレイス周辺の公道で繰り広げられるカーレース。北米でも人気のあるモータースポーツ・イベントです。開催中は楽しいイベントもたくさん用意されています。トロントの街中を駆け巡る、プレミア・レース。有名ドライバーやファンが集います。

ビーチズ国際ジャズ・フェスティバル(2014年7月18〜27日)
オンタリオ湖畔、トロントのビーチ地区周辺で開催されるジャズ・イベント。

コリンウッド・エルビス・フェスティバル(2014年7月24〜27日)
キング・オブ・ロックンロール、エルビス・プレスリーに敬意を表し、世界中からなりきりエルビスがジョージアン・ベイ近く、コリンウッドに集結。7万人以上の観光客で賑わいます。

ウィクウェミコング・カルチュラル・フェスティバル(2014年8月2〜4日)
マニトゥーリン島で、美しい先住民族の歌や踊り、手工芸品、先住民のさまざまな文化遺産や哲学に触れてみよう。

2014 FIFA Under-20 女子ワールドカップ(2014年8月5〜24日)
第7回FIFA U20女子ワールドカップがトロントを含むカナダ国内4会場で開催されます。

テイスト・オブ・ザ・ダンフォース(2014年8月8〜10日)
トロント市内、活気あふれるダンフォース・アベニュー周辺、ギリシャ人街のレストランやお店では一年に一回の「テイスト・オブ・ザ・ダンフォース」開催中は、屋外でのフード・テイスティングや音楽、ライブ・パフォーマンスが楽しめ、ストリートはたくさんの人でにぎわいます。

ファーガス・スコティッシュ・フェスティバル&ハイランド・ゲームス(2014年8月8〜10日)
北米最大のスコットランドのお祭りがオンタリオで!

カナディアン・ナショナル・エキシビション(2014年8月15日〜9月1日)
トロントで開催されるカナダ全国博覧会(CNE)は、カナダ国内で最も長い歴史を誇る博覧会です。世界中の国々の料理やさまざまな催し物、エンターテイメントが楽しめます。

トロント国際映画祭(2014年9月4〜14日)
トロント国際映画祭は世界規模かつ重要な映画祭で、60カ国以上から集められた300本を超える作品が上映されます。

ナイアガラ・ワイン・フェスティバル(2014年9月19〜28日)
9月下旬はワインぶどうの収穫が始まります。賞の受賞歴がある数々のワイナリーが開催する、ナイアガラ地域のぶどうの収穫を祝い、味わい、体験するイベントです。ペアリングを伴う試飲やセミナー、その他たくさんのイベントが用意されています。

トロント・ラプターズ(2014年10月〜2015年4月)
プロバスケットボール協会(NBA)トロント・ラプターズのコートは、エア・カナダセンターにあります。

トロント・メープル・リーフス(2014年10月〜2015年4月)
アイスホッケーリーグ(NHL)トロント・メープル・リーフスの白熱した試合は、エア・カナダセンターで開催されます。

スコシアバンク・ニュイ・ブランシュ(2014年10月4日)
日の入りから日の出まで、夜を徹して開催されるトロントの芸術と文化のお祭り。トロント市内の街角、ストリートがユニークな芸術作品であふれます。ライブパフォーマンスや、通常夜間閉館する博物館やギャラリーもこの日はオープンします。

オクトーバーフェスト(2014年10月10〜18日)
本場ミュンヘンに次ぐ世界第2の規模を誇るビール祭り。ツインシティーと呼ばれるキッチナー・ウォータールーでさまざまなイベントが開催されます。

バラ・クランベリーフェスティバル(2014年10月17〜19日)
クランベリー・キャピタルで知られるバラで行われるクランベリーの収穫祭。感謝祭の翌週末に開催され、クランベリー畑を訪ねたり、エンターテインメント、手工芸品づくり、クランベリー関連商品即売会など、家族みんなで楽しめるお祭りです。

ロイヤル・アグリカルチュラル・ウインターフェアー(2014年11月7〜16日)
トロントにあるカナダ全国博覧会(CNE)で行われるこの冬の王室農業祭は、1922年から続く田舎の雰囲気を都会で楽しめるイベントで、現在では世界最大の屋内農産物品評会となっています。

ウィンター・フェスティバル・オブ・ライツ(2014年11月8日〜2015年1月31日)
ナイアガラ・フォールズが、2ヶ月におよぶウィンター・フェスティバル・オブ・ライツの間、約200万個もの電球と100の電飾のディスプレーで輝きます。花火や夜のパレードや子供向けのショーが見られます。カナダ最大の大晦日のパーティは必見。

トロント・クリスマスマーケット(2014年11月28日〜12月21日)
ディスティラリー歴史地区で開催されるクリスマスマーケットは、入場無料の冬のイベントです。伝統的なヨーロッパのクリスマス・マーケットをテーマに、地元の手作りアイテムのほか、ファミリーで楽しめるエンターテインメント、キャロル、子供合唱団などホリデーの雰囲気いっぱいのステージショーが用意されています。

ファースト・ライト(2014年11月27〜29日)
ミッドランズにある「セント・マリー・アマング・ザ・ヒューロンズ」はカナダでヨーロッパからのイエズス会入植者が初めて住み始めた場所です。ファースト・ライト期間中は5,000本もの暖かみあるろうそくの明かりだけで歴史的建造物を照らします。「セント・マリー・アマング・ザ・ヒューロンズ」では、昔ながらの方法でホリデーシーズンを祝い、ランタンに照らされた小道は、古き良き時代を反映した写真を撮るのに完璧な舞台となるでしょう。

クリスマス・バイ・キャンドルライツ(2014年12月6&7日)
伝統的な開拓者のクリスマスを馬やソリ、聖歌隊やパフォーマンス、お祭りのご馳走、サンタとともに。ピーターボロ近くにある19世紀のオンタリオの村を再現したラン・パイオニア・ビレッジでクリスマス気分を最大に盛り上げましょう。


Next Home Back
サイトマップ

Copyright © Ontario Tourism,Tokyo
※無休と表示のある施設でも、12/25と1/1などに休日となる場合があります。
※カナダの国際電話国番号は1