ホーム
目的別おすすめガイド遊ぶ食べる見る学ぶ
Destination Close Up

Rideau Heritage Route
リドー歴史街道(リドー・ヘリテージ・ルート)―ユネスコ世界遺産指定地域
 

カナダの歴史遺産、そして、オンタリオ州初のユネスコ世界遺産に指定されたリドー運河は、歴史あるオタワ川に面している首都オタワと、オンタリオ湖岸の古都キングストンの間202キロメートルを結んでいる。リドー・ヘリテージ・ルート沿いは、野生の動物や都会と農村が魅惑的に交じり合っている生活が見られ、のどかな風景、お洒落なレストラン、魚釣り、古風な趣のあるB&B、博物館、歴史ある場所、そして、美しい湖など、過去と現在、自然と文化が穏やかで美しく、魅力ある環境の中で融合している。リドー・ルートを訪れる人々は数々の博物館や現在も稼動している24の水門所(47の水門)を通じてオンタリオ州の歴史を学ぶことが出来、ほとんどの水門所は175年前に建設された当時の姿をそのままに留めている。

 
Rideau Heritage Route
 

リドー運河は1826年から1832年にかけてジョン・バイ大佐の指導の下に建設され、北米において現在でも稼動を続ける19世紀の最古の運河です。その航路は南に位置する隣国との戦争に備え、敵の砲撃から逃れる目的でセントローレンス河を迂回し、モントリオール、キングストン間(当時、アッパーカナダ最大の居留地)の安全な水路を確保するためにアッパーカナダに建設されたものです。リドー運河が軍事目的で使われることはありませんでしたが、20世紀に入るまでカナダへの移民の受け入れ航路であり、商業幹線として利用されていました。その後、リドー運河の観光が急速に発展し、今でもカナダで最も古いサマーリゾートとして運営されています。今日、リドー運河は観光客の憩いの場であり、静けさを保っています。オタワ川から最も高い地点であるアッパー・リドー湖へ31の水門で船を引き上げ、オンタリオ湖に向かって14の水門で船を引き下げます。

www.rideauheritageroute.ca

サイトマップ

Copyright © Ontario Tourism,Tokyo
※無休と表示のある施設でも、12/25と1/1などに休日となる場合があります。
※カナダの国際電話国番号は1